ギャンブルや浪費に原因で自己破産が不適用の可能性

バブル崩壊後の不況時代であれば、借金苦を解決するために行われた自己破産に対して社会的モラルを問う風潮がありました。就職先でも公表されるとか、暴力団から嫌がらせを受けるなどの危険も噂されたものです。ですがこれはむしろ悪質な金融機関の責任逃れ的な触れ込みが否めません。法制度としては生存権に関係するセイフティネットのために設けた制度です。自己破産をする事で人格まで否定される責任は無いという事を理解しておきたいものです。

ただし、借金を膨らませた原因に関しては責任を問われます。パチンコや競馬などのギャンブルやブランド物をむやみに買いあさったりする浪費が原因であれば、自己破産の申請が受けられないケースがあります。また自己破産をすることで信用情報機関に登録され、10年前後は新規の借金やクレジットカードの申請ができなくなります。勿論ケースバイケースですが、基本は新規借金契約には制約が生じるでしょう。また、公務員など責任を重んじる職場での就職にも制限がなされます。

ですが一般に噂されているパスポートの発行拒否や海外へ行けないなどの実例はありませんし、戸籍に記録が残って結婚やその他の場面で不利な状況を作る事もありません。それか自己破産は人生でたった一度のチャンスですので、充分にご自分の状況を判断して、できれば専門家の相談を通してから効果的に申し込む事が大事です。その前に民事再生や任意整理などの債務整理も選択できます。