債務整理の一つである任意整理は生存権に関するセイフティネット

金額がそれほど大きくなく、僅かでも毎月の収入が定期的に入ってきている状況であれば膨らんでしまった借金の返済に関して相手の金融機関と任意交渉で話し合う方法があります。これは債務整理の一環で任意整理と呼ばれる方法です。個人で交渉される方もいますが、一般的には弁護士事務者や司法書士事務所に依頼して希望する条件での和解をする形を取ります。

任意整理の時に注意をするべき点は、2007年以前にその金融機関で借金取引をした過去があるかどうかです。もしあるとすれば是非利息を確認してください。利息制限の18%を超えた取引であれば過払い金返還の請求も同時にできます。発生している過払い金分が残金より大きい場合は差し引いて清算できます。そうする事でその金融機関の借金はキレイに清算され、過払い金まで返ってくるのです。

また任意整理の基本は利息のカットか支払期限の延長です。無利息の状態で分割回数を増やすならば、月の支払いをかなり軽減する事が可能でしょう。あくまでも円満解決に徹するならば、債務整理後に破棄されたクレジットカードの再発行も早期に可能になるケースがあります。

この様に債務整理については個々の状況に応じた対応の仕方があります。任意整理の他にも裁判所を通す個人整理や自己破産まで、専門家の相談を受けながら効果的に利用すると今後の生活にもプラスの効果を得る事が可能になります。債務整理は日本国民の生存権に関わるセイフティネットとして設けられた制度ですので、有効に利用するようにしてください。