過払い金請求とは

過払い金とは、消費者金融やクレジットカード会社に払い過ぎたお金のことであり、とられ過ぎた利息のことです。出資法と利息制限法という2つの法律の管理下に、貸金業者はあるのですが、2つの法律で利息の上限が異なっていたために、多くの貸金業者は、高い方の金利で利息を取っていました。しかし近年、法律が変わり、とられすぎた利息は、過払い金請求を行なうことで取り戻すことができるようになりました。  

2010年までにお金を借りたことがある人は、過払い金が発生している可能性が高くなります。さらに、取引の期間が長いほど、多くの過払い金が発生しています。過払い金請求をすることによって、払い過ぎたお金を取り戻すことができます。

完済している方でも、完済から10年以内であれば、過払い金請求を行なうことができます。つまり、10年で過払い金返還請求が、時効消滅になるというわけです。また、完済した金融業者に対する過払い金返還請求であれば、個人信用情報機関に載ることはありません。