過払い金請求の時効

消費者金融やクレジットカード会社などに多くの金利を支払っていた時期があります。法律で定められた金利と高すぎた金利との差額をグレーゾーン金利とも言い、払い過ぎた金利を返還してもらうことを過払い金請求と言います。

過払い金請求ができるのは10年と決まっているため、過去に消費者金融などから借金をしていた人は確認を行ってみると、過払い金が返還されるケースも多くあります。「10年以上経っているから」という人の中でも、グレーゾーン金利のころに消費者金融などを利用していて、それからも同じ消費者金融などでお金を借りたり返したりを繰り返している人は、一番最初の契約が継続しているとみられます。

そのため、最初の契約から10年以上経過していても、過払い金請求ができ、多くの金額が返還される可能性があります。その返還された金額で借金の返済もできるケースもあるため、一度確認してみると良いでしょう。弁護士や司法書士の無料相談も行われているので、利用してみるのも一つの方法です。