債務整理におけるメリット・デメリット

支払いが困難になった場合に利用可能な債務整理は大きく3種類ありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。まず任意整理ですが、メリットは当事者同士で和解交渉をする事で、両者の利益を優先しながら円満解決ができる点です。話し合いで利息カットや過払い金の返還を受ける事ができる債務整理です。デメリットとしては4,5年間は信用情報機関に事故処理扱いの記録がなされる事で、その間は新規の借金やクレジットカード・ローンの申し込みに制限が掛かる可能性があります。

そして裁判所を介した個人整理があります。メリットはマイホームを持っている方はマイホームを残したままで借金を大幅に減額できることです。また20万円以下の財産には手を付けませんので、債務整理後でも生活をそのまま継続できるメリットがあります。減額も最高で100万円の借金にまで圧縮できます。多額の借金があり住宅を手放したくない方には適した方法です。ただし、残りの借金は3年から5年で完済する必要と、住宅ローンはそのまま残るというデメリットがあります。

そして自己破産はほとんどの方がご存じな債務整理方法です。ただし自己破産をしても戸籍に記載されたりパスポートの発行がされないなどの個人の権利を制約される事はありません。メリットは借金全てが生産できる事です。もちろん持っている財産は全て返済に充てますが、全く0からのスタートができるのは大きな利点でしょう。デメリットは公務員系などある種の職には就けなくなります。また借金の理由がギャンブルや浪費の場合は申請できない事もあります。

過払い金請求の評判ランキングへ

キャッシングと過払い金請求の手続き

過払い金というのは、キャッシングを利用していて本来なら支払う義務のない利息のことです。一般的には高い金利から生まれる利息として認知されています。この場合の高い金利とは、利息制限法を超えた金利のことです。

借りた金額によって異なる要素もありますが、金利が18%を超えている場合は過払い金を支払っている可能性が高いです。 こういった支払い過ぎた分というのは、正当な手続きで取り戻せる場合があります。そういった手続きは過払い金請求と呼ばれ、個人または弁護士などへ依頼して行います。個人で行う分には費用は必要ありませんが、それなりの知識が必要ですし、手間もかかるため一般的には弁護士などへ相談した後に依頼するものです。

過払い金請求に対応している法律事務所は多いので、依頼自体は容易い時代といえます。ただし法律事務所によってサービス性、費用などには違いがある上、相談料も異なる事が多いです。相談料無料のサービスもあります。

アヴァンス法務事務所の口コミ、評判

過払い金請求について

お金がどうしても必要になって消費者金融などを利用する場合には、多少の金利の高さには目をつぶるという人も少なくありません。それだけ状況が切迫していることの裏返しでもありますが、法的に問題のある高金利で貸し出しを行っている金融業者も珍しくなかったのです。

このような過度に高い金利で返済を続けていた人に救いの手を差し伸べたのが過払い金請求の流れです。しかし、過払い金請求をする権利はいつまでも保障されているわけではありません。最終返済日から10年を経過してしまうと、過払い金請求する権利を失ってしまうのです。

つまり、心当たりのある人にとってはできるだけ早く行動に移すことが大切になります。法的な問題が絡んでくるので躊躇する人もいますが、いろいろな相談に応じている法律事務所も少なくありません。弁護士などに仕事を依頼するのは一生の間でも何度もない事ですが、過払い金請求においては大きな力になってくれる存在です。

過払い金請求のランキング

自分にあった結婚相談所を探すには

結婚相談所を利用して幸せな結婚をしたいと考えている人がいますが、ここで大切なことは自分にあったところを利用すると言うことです。定期的に通ったり利用するという形になるので、信頼できるところが前提となります。そこで自分にあった結婚相談所探しのポイントとしては次のようなことが考えられています。

まずは費用や期間などを計画的に考えると言うことです。熱心に対応をしてくれる相談所はたくさんありますが、いくら熱心であっても費用に関しては無視することができません。相手を見つけると言うことは最終目的となっていますが、そのなかで成婚時の結納や挙式や引っ越しなどその後に必要な費用はたくさん出てきます。

また出産の際にも費用が必要になるので、これらのことを考えて入会するときには期間を明確にしておくと言うことが必要です。そこでこの期間に沿った提案をしてくれるような相談所を選ぶようにします。またコンプライアンスを重視しているかという点も大切です。親権に結婚相手を探すことは決して恥ずかしいことではありません。

しかしここで大切な個人情報を結婚相談所に預けるという形になるので、書類をしっかりと管理していること、また出力するときには確認してくれるかどうかなどをあらかじめ確認しておきます。仲介型の相談所などは、コーディネーターを挟むと言うことが多くなります。したがって利用の際には二人三脚で行う形となり、話をしたときの第一印象で方向性が合わないとき案じる場合には問題があります。

ここではコーディネーターが親身になって相談してくれるところを選ぶようにします。最近では男女の交際でトラブルが発生することが置くなっています。これは結婚相談所でも起こりうる可能性があります。したがって選ぶ際には独身証明書や卒業証明書、このほかには社員証明書などを厳しく提出させるような相談所であるか、またお見合い相手にしつこくされないように間に入ってくれるかどうかなどトラブル対策についての確認を忘れないようにします。

利用の際には成婚率が気になりますが、成婚率は相談所によって計算方法が異なっています。ここで注意が必要になりますが、成婚退会会員を総退会会員で除しているかで異なってきます。ここでは丁寧に計算方法や実績を教えてくれるような相談所であるかを確認しておきます。このように結婚相談所にはさまざまな形があるので、予算や相談力を確認しながら自分にあったところを見つけることが大切です。

口コミで分かる結婚相談所