自己破産による債務整理のメリット・デメリット

現在ではアパート暮らしも難しく、ネットカフェや路上で生活をしている若者が都会には増えつつあります。これは社会的な問題にもなっていますが、その様な背景には就職難とクレジットカードなどの借金が膨らんでしまい家賃も払えない状況があったかもしれません。もし多額の借金ができてしまい、今後の支払いが全くできなくなってしまった場合は、債務整理による解決が可能です。

家などの財産がある場合は民事再生法が定める個人整理がありますし、どうにも目途が立たない場合は借金を全額生産する債務整理として自己破産宣告の道もあります。裁判所を通して認めてもらう債務整理としてはもっともデメリットの大きい方法ですが、財産が借金よりはるかに下回る場合は選択するメリットがあります。以前は自己破産といえば、社会人失格という烙印を押されかねない行為でした。しかし前途ある人生を前向きに生きられる様にと、国政によって借金苦にある国民を救済する法制度です。自己破産の記録が戸籍に残ったり、就職時に公表されるといった影響はありません。他の連帯保証人がいないのであれば周囲の人に迷惑が架かるものでもないのです。

ただし自己破産をする時に注意するべきこともあります。20万円以下の財産を残して所有財産をもって借金は全額と清算されますが、滞納している税金などは支払義務が残ります。また10年前後は金融系の信用情報機関に記録されますので、新規のローンやクレジットカードが利用できなくなります。その様はデメリットを踏まえて選択をする事は大切です。

債務整理の口コミ、評判

過払い金請求は専門家に早めに依頼しましょう

過払い金請求をしたいけど、やり方がわからないとか、ブラックリストに載りそうでためらっているという人はいないでしょうか。でもご安心ください。弁護士や司法書士に依頼すれば、すべて引き受けてくれますし、過払い金請求だけなら、ブラックリストに載ることはありませんし、専門家にまかせることで、債権者である消費者金融との交渉がスムーズに行われます。

ただし依頼する場合は、その当時の取引状況がわかる書類が必要になります。たとえば契約書であるとか、取引明細などが必要になりますので、できるだけ揃えて、相談時に持参するようにしてください。費用に関しては、出来高制となり、戻ってきた過払い金の中から支払うシステムになっている事務所が多いです。

それから過払い金請求は、最終取引から10年以内となっていて、10年を過ぎている場合はお金が戻って来なくなりますので、できるだけ早めに済ませておきましょう。また、2010年の改正貸金業法施行後の消費者金融の利用は、過払い金が発生しませんので請求の対象にはなりません。

過払い金請求の評判

過払い金請求について

現在では、消費者金融や信販会社のキャッシング等からの借入金利については利息制限法の上限金利の範囲内で設定されています。しかし、かつては利息制限法の上限金利以上で出資法の上限金利未満のいわゆるグレーゾーン金利といわれる金利帯で貸出金利が設定されていることが一般的でした。

このグレーゾーン金利については最高裁で違憲判決が出ており、それを受けてかつて払い過ぎた金利分を返してもらうための過払い金請求が多数起こされるようになっています。消費者金融や信販会社等に対する過払い金請求については、個人が手続きを行うことは困難なため、弁護士や司法書士といった専門家が手続きを行うことが一般的です。

弁護士等にとっては一般的な訴訟と比べて比較的簡単な手続きで済ますことができ、なおかつ勝てる案件であることが確定しているため、広告費を使って積極的に宣伝を行う事例も散見されます。過払い金請求を考えているのであれば、弁護士への相談料や成功報酬等も参考にしたうえで、どの法律事務所に依頼するのか判断することも大切なポイントになります。

過払い金請求は弁護士、司法書士へ

結婚相談所の基礎知識について

結婚相談所得言葉を耳にするようになっていますが、ここでは仲人となるカウンセラーが出会いから成婚までをしっかりとトータルでサポートしてくれるようになっています。ここでは結婚を前提として活動している人が対象となっているので、安心して活動を進めていくことができます。決して出会いだけを目的としているところではありません。

入会の際には本人証明や収入証明や独身証明などの各首相名確認が行われています。入会の際には厳しい審査確認が行われるようになっているので、結婚に対する真剣な考え方を把握することができます。現在では幸せな結婚を求めている人が多くなっているので、結婚相談所を利用する人も多くなっています。結婚相談所の他に結婚情報サービスという言葉を耳にすることがありますが、これは結婚に対するサービスの種類として分けられています。

結婚を考える人の情報を扱うのが結婚情報サービスとなっており、出会いやお見合い、そして成婚までをコーディネーターが実際にサポートするというのが相談所となっています。結婚情報サービスではたくさんの会員の人とのデータマッチングを行うことができるようになっていますが、一人一人にあった紹介やサポートは行われていません。これに対して相談所の場合には一人一人に合わせて出会いからお見合いや成婚までカウンセラーがしっかりとサポートしてくれるようになっています。

会員数に関しては、結婚相談所団体に加盟していると言うことで、数万人気規模の会員ネットワークを利用することができます。結婚相談所を選ぶときのポイントとしては、活動エリアから選ぶという方法があります。カウンセリングやしっかりとしたサポートを受けるためには、定期的に立ち寄ることができるというのが理想です。

したがって仕事などのライフスタイルなどから、活動しやすい場所にあるというのが大きなポイントです。このほかにはサービスや料金体系から選ぶという方法があります。相談所によってサポートサービスや料金体系が異なっています。したがってまずは問い合わせを行い、各相談所で説明を受けると安心です。またこれは基本的なことになりますが、相談をする際には人との相性が大切になります。サービスや料金も非常に大切ですが、それ以外に大切な出会いをサポートしてもらうためには、親身に相談できる人にカウンセラーとなってもらうことが必要です。担当コーディネーターとの相性も確認します。

結婚相談所の口コミはこちらへ