個人整理では持ち家を残したまま債務整理ができる

現代社会では正社員雇用といえどもリストラの可能性が高くなっています。ましてアルバイトや派遣社員は長期的な雇用を望む事さえ難しい時代です。その様な社会環境で生活していると、突然収入が無くなってしまい、抱えている借金の返済が全くできなくなってしまう場合があります。一旦職を失えばすぐに再就職ができるとは限りませんので、借金返済がストップしてしまうケースも多々あるのです。

そのような場合には債務整理を選択する事ができます。当面の収入が期待できない状況ならば借金を全く0にするか、あるいは蓄えを切り崩しながら支払いができる範囲まで減額してもらう方法を摂らざるを得ません。その場合は債務整理の個人整理か自己破産を利用する事ができます。個人整理ならば持ち家はそのままに他の財産を持って借金の大幅減額が可能です。整理対象となるのは家屋を除いた20万円以上の価値のある財産全てです。ですから家と生活必需品は残したままの整理が可能になります。

任意整理はギャンブルや浪費が原因で借金苦に陥った場合にも適用されますので、債務者のはぼすべてが利用できる債務整理と言えます。住居に関する資産が残せるので、その後の生活も継続できるメリットがあります。もちろん住宅ローンの免除は適用されませんが、支払方法を見直す事はできますし、借金減額に関しては住宅ローンを除く総額が3分の1以下になるケースもあり、かなり支払が楽になるでしょう。ですからどうしようもない時は自己破産ではなく個人整理を選ぶ方が合理的です。

詳細へ(債務整理の口コミ、評判)

過払い金請求と2つの法律の金利上限

キャッシングや借り入れに対する利息の返済のうち、払い過ぎた部分を過払い金と言い、金融業者に対して過払い金請求をでき、金融業者はこれに応じなければなりません。 過払い金が発生した背景には、2つの法律、利息制限法と出資法が異なる金利の上限と罰則規定を設けていることにあります。

利息制限法では、借入元本によって異なる金利の上限を設定しており(例:元本が10万円未満では年利20%)、罰則規定がありません。 一方、出資法では、一律29.2%の金利が設定されており、罰則規定があります。 この結果、金融業者は罰則規定がない出資法に従って貸付を行なっていました。 しかし、平成22年に出資法の金利の上限が20%に引き下げられて、両者の上限が一致することになりました。

さらには、貸金業法も改正されて、10年前に遡って過払い金の返還請求に応じなければならなくなりました。 過払い金請求は、借りた本人が行なうこともできますし、弁護士や司法書士等に委託することも可能です。委託した場合の成功報酬は、一般的に返還金額の15%から20%程度です。

過払い金請求 ランキング

2015年は過払い金請求のターニングポイントです

2006年に最高裁判所においてグレーゾーン金利を認めないという判決が出て、2010年から貸金業法の上限金利は利息制限法に一本化されました。以前の出資法では金利が約29%となっていて、利息制限法の定める利息約15-20%の金利を大幅に超えた利息分を返済している場合、払い過ぎた利息のことを過払い金といい、払い過ぎた分を取り戻すことを過払い金請求といいます。

2015年に過払い金請求が話題となっている理由は時効により権利が消滅してしまうからなのです。過払い金請求は完済してから10年で消滅時効になります。そして過払い金が発生しているであろう期間というのがグレーゾーン金利が一般的であった2006年以前に借金していた分になります。

2006年以降も継続して返済していた人は関係ないのですが、2006年前後で完済している人は早く過払い金請求しないと返ってくるはずのお金が多い人なら数百万も消滅してしまいます。それに消費者金融側も過払い金返還予算をどんどん減らしている傾向があるので早急に対応する必要があるのです。

詳細はこちら(過払い金請求ランキング)

賢い結婚相談所の選び方について

幸せな結婚を夢見ているという人がいますが、最近ではなかなか自分で結婚相手を探すことができないという人が多くなっています。そこで注目されているのが結婚相談所になりますが、理想の結婚をするためには結婚相談所も賢く選ぶ必要があります。

良心的な結婚相談所は細かいところで特徴があらわれています。選ぶ際のポイントは、コミュニケーションを重視しているかどうかになります。相談所を利用して成婚を目指すと言うことであれば、アドバイザーや仲人さんと呼ばれている担当者とのコミュニケーションをしっかりと取る必要があります。

直接会って話をするというのは非常に大切で、人柄や情熱が伝わるかどうかという点や相性が合うかという点を左右してきます。大手の相談所では、入会をしたときの実際の担当者が変わってしまう、または活動をしているときには担当者が付かないと言うことがあるのでその点には注意をします。このほかに確かめなければいけないことは会員数とサポートの数になります。結婚相談所には連盟という物があるので、一つ一つの相談所の会員数が少なくても連盟全体の会員の紹介をすることができるようになっています。

大きな所でも個人の所でも連盟共通の会員システムを利用することができます。必ずしもそうではありませんが、個人経営の所では会員数が少ないと言うことで一人一人にあった手厚いサポートを行ってくれるというような所もあります。また相談所が作成しているホームページに成婚社の声があるかも大切です。結婚相談所は連盟に加入することで誰でも始めることができるようになっています。

したがってホームページに関しても業者に依頼をすることで作成可能です。しかしここ注目しなければいけないことは、見た目がきれいなホームページよりも実際に利用した人や成婚者の声が乗せられているかと言うことが大切です。また利用する際には料金体系をしっかりと確認しておきます。加盟している連盟が同じと言うことであれば、同じ会員サイトを使ってサポートが行われています。

しかし費用に関しては相談所によって異なっています。初期費用や月会費やお見合い料、このほかに成婚料のバランスを確認しておきます。成婚料やお見合い料に関しては、実際に成婚やお見合いに至ったときに支払うようになっています。すなわち成功報酬型と言うようになっています。成功報酬型は入会をした後も会員と一緒に成功編と導くスタイルとなっています。

結婚相談所の比較はこちらへ