任意整理は利息カットをしてもらえる債務整理方法

ショッピングの支払いはリポ払いにして毎月キャッシングで借金をしたり、あるいは長期の住宅ローンや自動車ローンを抱えていたりすると、ふと気が付くと返済が困難になってしまう場合があります。またパートやアルバイト、派遣社員の雇用は職場を失いやすい環境ですから、突然収入が減ってしまい借金の返済ができなくなる事も多々あります。現在の経済環境で生活しているならば、長期的な計画を持って家計のやりくりをする事が難しくなってしまうケースはよくある事です。

そこで借金返済がどうしても困難になってしまった場合には法律で定める債務整理を利用する事ができます。債務整理にはいくつかの方法がありますが、まず当面の借金額を減らし、月の支払いを減額できれば乗り切れるといった状況の方には任意整理が適しています。任意整理は債務整理の中で最も利用しやすい方法で、裁判所を通さずに金融機関と本人の両者間で和解交渉を持って解決ができます。

任意整理では基本的に利息カットをしてもらう事ができます。借金元本はそのままにして利息を0にしてもらう事でかなり支払額が圧縮できますし、分割回数を増やしても利息がかさんで膨らんでいく心配がありません。そのために、ご自分の収入状況に合わせた返済プランを立ててもらえば、日常生活が滞らずに済むかもしれません。この債務整理を行う場合は個人で交渉するよりも弁護士などの専門家に依頼して、しっかりとした見通しを持った内容で解決する方が良いでしょう。

債務整理の口コミランキングへ

過払い金請求について

過払い金請求という言葉をよく耳にしますが、何の事かというと要するに借金返済において支払い過ぎた分を請求できるという事です。なぜ最近になって、よく聞くようになったのかといえば、消費者金融などの貸金業者が利息の上限を超えて貸付をしていた事が判ったからです。

通常、貸金業者は貸金業法に基づいて金銭の貸付をします。その中に出資法という金銭の貸付において上限金利を定めた法律があり、近いもので2000年6月に29.2%という上限金利が規定されています。近年、多くの貸金業者は29.2%の金利で貸付を行っていたのですが、実は法に触れる部分があったのです。

貸金業法には利息制限法という法律もあり、貸付金額に応じた上限金利が設定されたもので、厳密にいえば10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%という上限金利が定められており、これに反して貸付していたものが多くある事が判明したのです。この利息制限法の規定を超えた金利は、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれ過払い金請求の対象となります。心当たりのある方はインターネットでも過払い金の計算が出来ますし、専門家への相談なども検討されてはいかがでしょうか。

過払い金請求のランキングへ

過払い金請求を行う事

過払い金請求を行う事では、やはりこれまでに借入れを行っていた状況からも少しでも多くのお金を返してもらうなど、払い過ぎた利息の部分を取り返す状況となります。グレーゾーンの金利で徴収していた消費者金融業者などの金融機関で、まずは10年間さかのぼって返還請求を行なえる状況となります。

借入れを行なっていた期間が10年を経過してしまうと、その部分は時効となってしまい取り返す事が出来ない状況となります。まずは過払い金請求を行なう前に借入れがいつの時期のものなのかをしっかりと把握していく事で消費者金融業者に問い合わせて見たり、弁護士を依頼して話を進めてもらう事も特に仕事などで時間の取れない人であれば、そう言った方法も一つの方法として考えられる様です。

より良い形で過払い金の請求を行っていく流れとして考えると、やはり過払い金が戻ってくる事からも素晴らしい状況としてお金を戻すなど検討する事が出来ます。過払い金請求を上手に行なう必要があります。

過払い金請求|弁護士の評判

インターネットによる結婚相談所について

最近ではインターネット環境が発達していると言うことで、多くのことがネット環境で行うことができます。結婚を希望している人がその相手を探す際に利用しているのが結婚相談所になります。この結婚相談所もインターネットを利用することができる時代となっています。

インターネットでの出会い系サイトの普及によって、これが進化した形となっています。店舗を構えていないと言うことで、会員活動費用を安く抑えることができるというメリットがあります。したがって入会金が不要というような料金体系の所も多くなっています。利用方法は入会手続きから行います。

活動の全てを全てインターネットでできるので、公的証明書を提出しなければいけないところがありますが、中には提出しなくても登録することができるというような所もあります。基本的には登録の際には本人証明書が必要になります。会員活動の範囲は所属会の中だけとなっています。したがって自分の会社以外の結婚相談所との紹介やお見合いなどのやりとりは行われていません。どのような活動内容が行われているのかというと、代表的な活動費用プランとしては月会費制となっています。

したがって入会金は無料と言うところから3万円程度となっています。月会費は2000円からのところが多く、お見合い料や成婚料が必要ないというのが相場です。ネット型結婚相談所の大きな特徴としては、活動期間に制限がないという点です。入会した後は月額管理料を支払うことで活動をすることができます。しかしここで注意しなければいけないことがあります。それは休会システムが用意されていないという点です。

一度活動を休んで再会するという場合には、再び入会手続きを行わなければいけません。主な活動内容としては、毎月決められた人数までを自分で選び、申込をすることができます。ここで相手からの返事がよいということになれば、アドレス交換を行って合う約束をします。間に仲人さんを介さないという形になっています。

ネット型結婚相談所のメリットとしては、思い立ったらすぐに登録をすることができます。入会手続きから申込までをインターネットで行うことができるので、他の相談所と比べて直接店舗に行かなければいけないと言うことがありません。結婚相談所のような登録の際の必要書類もありません。必要な場合も公的書類が1通となります。休会をすることはできませんが、いつでも簡単に退会手続きをすることができます。

詳細へ(結婚相談所口コミ)