債務整理には任意整理や個人整理・自己破産の方法がある

現代の格差社会では年間200万円以下の収入で家族3,4人が生活している家庭がたくさんあります。それは都市部で賃貸住宅に住んでいる方々にはかなり厳しい状況で、借金が家計の大きな負担になっているケースが少なくありません。中には多重債務者となって借金返済にひっ迫している方もいて、その解決のために法律では債務整理を設けています。支払いが困難になってしまった方々への救済措置として、借金の免除や減額を施すものです。

債務整理には大きく分けて3つの方法があります。一つは任意整理です。裁判所を通さずに両者間で和解交渉を持ってなされます。基本的には利息をカットして借金を減額します。また月の支払額を低くするために分割回数を増やす請求もできます。また利息制限を超える18%以上の金利の借金があった場合は過払い金として返還を請求する事もできる債務整理方法です。

裁判の判決で行われる債務整理に民事再生(個人整理)と自己破産があります。個人整理とは借金返済を大幅に免除してもらう手続きです。任意整理の様に利息分のカットという小さな減額ではなく、場合によっては借金総額の70%以上を減額してもらえる可能性もあります。また持ち家を整理をしなくても済みますし、ギャンブルや浪費が原因でも適用されるために幅広い債務者が利用できる債務整理です。そして自己破産ですが、これは個人の財産全てをもって、全ての借金を清算する方法です。これによって資産も借金も全て0になりますが利用するには条件もありますし、自己破産後はいくつかの権利に制限も掛かりますので注意が必要です。

債務整理 法律事務所 ランキング

過払い金請求で支払過ぎたお金を取り戻す

過払い金請求とは、消費者金融やカード会社に利息制限法で決められた利率とり高い部分の支払過ぎたお金を取り戻すことです。 これは、出資法と利息制限法の2つの法律で利息の上限が違っていたために、殆どの会社が高い上限の金利利息を取っていたためです。

そいて、法律が変わり最高裁判所で貸金業者が利息を取りすぎていたとして、貸金業者から払いすぎたお金を返金の手続きを経て取り戻すことが出来ると認めてられています。 それではどんな人が対象となるのかと言うと、消費者金融やクレジット会社のカードでキャッシング=お金を借りた事がある方が全員になります。

但し、2010年までに借入をしたことがある人になり、それ以降は適用されません。 そいて、過去に借り入れが期間が長かった人や、返済が終わった人も対象となって払いすぎた分は相当な金額となっている場合もありますので、近くの弁護士会へ相談されるか、少額であれば司法書士へ過払い金を取り戻すことを依頼することができます。

過払い金請求 法律事務所 ランキング

過払い金請求の今後について

そもそも過払い金請求と言うのは、民事における不法行為が関係してくる話です。  民事において「不法な契約は無効」という取り決めがあるため、いわゆるグレーゾーン金利での契約は「無効」であり、金利分を返さないといけないという理屈で過払い金の請求が可能になったのです。  

なので過払い金にも時効というものはあります。  民事上の債権の時効が過払い金にも適用されるため、時効を過ぎると過払い金の請求ができなくなるのです。  

そしてグレーゾーン金利廃止から数えるともうそろそろ時効が来る計算になり、過払い金業界は最期の稼ぎ時とばかりに全力で広告を打っているところです。  グレー損金利廃止以降の契約は、ヤミ金でもない限り基本的に合法的な範囲で取り決めがなされています。  

なので時効を過ぎてしまうと事実上ほぼすべての過払い金が終わると言ってもよく、現在の過払い金バブルともいう状態の終わりがもうすぐ近づいてきていると言われているのです、

過払い金請求のランキングへ

結婚相談所の種類や利点について

結婚したいという男女が多くなっていますが、中小規模の相談所も全国展開を行っています。このようなところは連盟や協会に所属をし、そのネットワークから大手の結婚情報サービス会社以上の会員数を誇っています。実際にどのようなところにあるのかというと、都市中心部だけではなく郊外までとさまざまで、オフィスビルの一つの部屋に事務所を設けているというような所もあります。このほかにはマンションの1室に事務所を設けているというような所もあります。

自宅兼事務所と言うところもあります。多くの結婚相談所では支部長が1人で運営をしているというかたちですが、そのほかにスタッフを他に1人採用しているという場合もあります。会員活動の範囲はどのようになっているのかというと、基本的に所属会以外にも同連盟や同協会に加盟をしている提携支部の会員の紹介やお見合いもできるようになっています。このような結婚相談所の主な活動費用は、成功報酬型となっています。

ここでの契約期間は1年間または2年間となっています。結婚相談所に入会をするときに発生するという初期費用として、5万円から10万円が必要となっています。この初期費用は入会金や登録料になり、3ヶ月分から12ヶ月分の会費となります。このほかにも必要な費用があります。それはお見合い1件に月5000円から1万円が必要です。

使い会費が3000円から5000円となっており、このほかに成婚料として20万円から30万円が発生するようになっています。具体的にはどのような活動を行っているのかというと、毎月所属して売る相談所に会員が行き、直接写真付きアルバムからプロフィールを閲覧します。これを担当者と一緒に選ぶようになっています。申込やお見合い日程の調整に関しては担当者が行ってくれるので安心です。またお見合い当日も付き添ってくれるようになります。

途中で休会する事もできます。このような連盟加入型結婚相談所にはいくつかのメリットがあります。それは会員一人に対して必ず担当者が付くという点です。昔ながらの仲人さん的な担当者が二人三脚でしっかりと交際や成婚までをサポートしてくれます。また利用の際にはアットホームな雰囲気の中で話が進められていくので、初めての人でも安心です。このような信頼関係から安心して本音を言うことができるので、たとえお見合いや交際に失敗をしたときにも親身になってくれる心強い存在です。

詳細へ(結婚相談所比較)